<< これまでの人生の中で2回。。 | Main | [review] 英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA式30音練習帳 >>
前回は人生初の海外「ハワイ」に行った時のお話をしました。(これまでの人生の中で2回。。 参照)日本語を英語なまりで使いこなし、幾多の海外旅行を乗り切ってきた先輩のお話でした。。

さて今回は人生2度目の海外旅行オーストラリア」へ行った時のお話です。恐怖体験の連続でした。。

next続きの前に「みんなの英会話奮闘記」ランキングをよろしく!いつもありがとう!

相変わらず飛行機嫌いの私ですが、いざ出発となり、関空からシドニーへと旅立ったのでした。

飛行機の何が嫌いって、離着陸がすっごい怖いんですよ。いまだにこんな鉄のかたまりが空を飛んでるのも納得いかないし。。それなのに今回の旅行では途中のブリスベンで乗り継ぎがあって、嫌な離着陸の回数が1回増え、くたくたでした。

こんなに嫌いなのに窓側、羽の真横の座席でした。羽って離着陸の時と飛んでる時で、幅が変わるんですね。それを知らなかったので、飛行中にふと外をみたら 出発前より幅が短くなっていて「うわぁ!部品が落ちたんじゃないのか!?」とひとりパニックになってました。後で、飛行中は余分なところを格納しているこ とを知りました。

飛行機の話はさておき、今回は英会話を習い始めて1年弱経っていましたから、前回のハワイの時ほど英語に関する不安はありませんでした。カタコトでも話せれば大丈夫だろうという気持ちがあったので気楽でした。

オーストラリアは入国審査(食べ物や植物の持ち込み)が厳しいと聞いていましたので、色々下調べをしました。日本から食べものを持っていくのに、海苔は英語でなんて言うんだろうとか、小麦は何て言うんだろうなど、質問されたとき用に 一生懸命、全部紙に書いてまとめてから行きました。

なのに審査はサクッとパス。特に何も聞かれることなく通れました。。「え〜っ、こんなに調べてきたのに何か聞いてよ」とか思いましたが、聞かれたのは僕の携帯灰皿のことだけでした。

今回は親族数名での旅行でしたが相変わらず英会話のできる人はいませんでした。。でもまあ何とかなるもんですね。僕は、ハワイ旅行の時よりは会話できたように思います。

ちょっと怖かったのは、スーパーマーケット地下のフードコーナーでのことでした。多分、注文の時の僕の英語がおかしくて店員さんがちょっとイラッとしてたんでしょうね。一切の笑顔なしで常時、能面+般若のような顔で対応してくれました。ちょっと泣きそうになりました。

あと、はじめてカジノにも行きました。そこでも入り口で番をしているお兄さんに呼び止められ「この看板をみやがれこの野郎」てな感じでボールペンの先をそっちに向けていました。オーストラリアに悪役商会があったらこの人絶対入ってるだろうなと思うぐらい怖い顔した人でした。看板には「大きな荷物は持ち込み禁止、クロークに預けてください」みたいなことが書いてありました。

怖い思いをしたのはこれぐらいですね。あとは楽しかったです。色々頑張ってしゃべってみました。英会話習っててよかったなあと思いましたよ。もっと話せるようになったらもっと楽しいだろうなあとも思いました。

頑張って勉強しよう。そしてどんどん旅行したいなあと考えています。

※だれか絶対落ちない飛行機とか発明してくれないかなあ。。

【PR】 英会話が上達するブログをチェック!



add to bookmark, rss:
| 英会話雑記 | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENT
海外旅行へ行くと英語を勉強していて
良かったと実感できますよね♪
私は海外旅行のための英語学習は苦ではないのに、
テストとなると話は別なんですよね(笑)
また面白い海外旅行話を楽しみにしています♪
| はちみつ色 | 2006/05/23 11:03 AM |
ですよねー。テストって嫌ですね。
英会話も会社から受けるように言われたんだったら、こんなに一生懸命やってなかったと思います。
僕の旅行は常に珍道中ですので、またどこかへ行ったら必ずレポートします(^-^)
| Joseph | 2006/05/23 11:20 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK